携帯電話では内容が正常に表示されないことがありますので、携帯電話でご覧になる方はこちらの携帯向けサイトをご覧ください。

アロマテラピーとオイルマッサージの違い

 

使うオイルが異なります。
オイルマッサージはベースオイルのみでの施術になりますが、アロマテラピーの場合は、ベースオイルにエッセンシャルオイルをブレンドしたオイルで施術を行います。
エッセンシャルオイルは種類によっては、肌をよくしたり、睡眠を良くするなど、いろいろな効能がありますが、あくまでも補助的な効能であり、病気を治す効能は持っていません
また、その匂いを嗅ぐことで、リラックス効果を得ることもできます。
当店ではアロマテラピーとオイルマッサージが同じ価格なので、一度お試しになるのはいかがですか。
お体に匂いが付くのがお嫌いでしたら、オイルマッサージで癒されるのもよいと思います。

アロマテラピーとは?

アロマテラピー(フランス語)は、花や木など植物に由来する芳香成分(精油)を用いて、心身の健康や美容を増進する技術もしくは行為のこと。 また、お香やフレグランス・キャンドルも含め、生活に自然の香りを取り入れてストレスを解消したり心身をリラックスさせることも含めて呼ぶ場合も多い。

アロマセラピー(英語)とも。

日本のアロマテラピー

↓↓爽潤漢のアロマテラピーです↓↓

精油の蒸留法は江戸時代に伝わり蘭医学などで用いられていた。明治時代にはニホンハッカなどの精油を輸出していた時期もあったが、合成香料や海外の廉価品におされ、廃れてしまった。

1970年代に、小学生やその親たちの間でポプリ(en)が流行し、ドライハーブへの関心が高まった。アロマテラピーが紹介されたのは1980年代で、はじめジャン・バルネやロバート・ティスランドロバート・ティスランドらによる英仏の専門書が高山林太郎により邦訳され、やがて海外で技術を学んだ者たちが国内で実践を始めた。1990年代にエステブームなどに乗って広まったこともあり、日本に伝わったアロマテラピーの方法はイギリス系に近いものであるが、近年では国内でも精油への科学的アプローチが進み、代替医療としてアロマテラピーに関心を寄せる医療関係者も増えている。2006年頃からバラの香りをかつてない程に再現した、本物のバラの精油よりも大幅に安価な合成香料が開発され、それを添加したガムやドロップが製品が流行し汗がバラの香りと言われて男女間で話題になり、「香り・アロマ」への関心が大衆の間でさらに高まる。



ルミガン

名刺印刷のマヒト

 

4月28日 リョウ 入店

 

7月28日 こうが 入店